* 学生学術活動報告
> トップ    > 応用化学専攻  > 菅原 義之    > 個別データ   

ADVANCED ACADEMIC ACTIVITY INDEX

応用化学専攻

個別データ

 分類学会発表
 開催年月2018/01/12
 学会名セラミックス基礎科学討論会
 開催都市茨城・日本
 タイトルマイクロ流路内の液-液二相流を用いたリン酸オレイルによるTiO2ナノ粒子の表面修飾
 発表者・連名者○品田洋介、尾崎正彦、井戸田直和、塚原剛彦、菅原義之
 講演番号2A01
 概要両Y型マイクロ流路を用い、TiO2ナノ粒子を含む水相と表面修飾剤であるリン酸オレイルを含むトルエン相との間で液-液二相流を形成させ反応を行い、TiO2ナノ粒子の表面修飾を行った。結果として、20 sの反応時間で98%の収率を達成し、ビーカーを用いた場合に比べ反応時間の短縮を計ることができた。
 指導教員菅原 義之