* 学生学術活動報告
> トップ    > 応用化学専攻  > 門間 聰之    > 個別データ   

ADVANCED ACADEMIC ACTIVITY INDEX

応用化学専攻

個別データ

 分類学会発表
 開催年月2017/06/30
 学会名第17回Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 2017
 開催都市熱海市
 タイトルα-アミラーゼアプタマー固定化電界効果トランジスタ型バイオセンサの作製とα-アミラーゼの検出
 発表者・連名者○滝渕亮太、松坂朱峰、秀島翔、金子直人、皆川宏貴、堀井克紀、和賀巌、黒岩繁樹、中西卓也、大橋啓之、門間聰之、逢坂哲彌
 講演番号P-3
 概要心身にかかるストレスの状態を簡便に診断するデバイスの開発に向けて、小型の電気化学デバイスである電界効果トランジスタ(FET)型バイオセンサを作製し、唾液中に含まれるストレス応答性物質の一種であるα-アミラーゼの検出に向けた検討を行った。α-アミラーゼを特異的に捕捉する「アプタマー」をFETセンサ上に固定する条件を最適化することで、α-アミラーゼの定量検出性を確認した。
 指導教員門間 聰之