------------------- 学生学術活動報告
研究テーマ
安定化したTalbot干渉計によるファイバーブラッググレーティングの作製
研究内容
近年ファイバーブラッググレーティング(FBG)とナノ光ファイバーを組み合わせたナノ光ファイバー共振器による全ファイバー共振器量子電気力学系が実現し、量子光学分野でのFBGの応用が期待されています。通常Talbot干渉計がパッシブに安定な間に露光するため水素拡散で感光性を高めるなどし、露光時間を短縮します。私はTalbot干渉計を長時間安定化し水素拡散を省略し、高品質なFBGの作製を目指しています。
次へ
 
          学術活動報告の登録は、ありません。