------------------- 学生学術活動報告
研究テーマ
機械学習による運動エネルギー汎関数の開発
研究内容
密度汎関数理論(DFT)は広く用いられる量子化学計算手法である。DFTにおいて原子・分子のエネルギーは、電子密度を基本変数とした式で表される。このうち運動エネルギーについては厳密な表式が不明であり、代わりに近似的な汎関数が用いられるが、その計算精度は不十分である。そこで本研究では機械学習を用いてより高精度な運動エネルギー汎関数を開発する。
次へ
全 6件
  分類   名前 指導教員
2017/12/08学会発表Semi-local machine learned kinetic en...影山 椋中井 浩巳
2017/11/17受賞Orbital-free密度汎関数理論のための機...影山 椋中井 浩巳
2017/10/17学会発表Orbital-free密度汎関数理論のための機...影山 椋中井 浩巳
2017/06/08学会発表軌道非依存密度汎関数理論のための運動...影山 椋中井 浩巳
2017/05/18学会発表インフォマティクスを用いた運動エネル...影山 椋中井 浩巳
 [▼ 次の5件]