------------------- 学生学術活動報告
研究テーマ
Teイオン添加によるZMH析出・付着抑制効果の検討
研究内容
原子力発電の使用済核燃料再処理プロセスにおいて、配管や機器に対する不溶解性残渣の付着が起こり、配管閉塞や伝熱効率の低下が問題となっています。不溶解性残渣の代表物質がモリブデン酸ジルコニウム(ZMH)です。これを晶析工学的見地から抑制することが研究目的です。本研究では、Zr,Moの2成分にTeを加え、Te添加時の析出機構の解明や析出・付着の抑制効果の検討をおこなっています。
次へ
全 3件
  分類   名前 指導教員
2017/08/09学会発表MoO3結晶添加によるZMH壁面付着抑制下端 健吾平沢 泉
2017/08/09受賞MoO3結晶添加によるZMH壁面付着抑制下端 健吾平沢 泉
2017/03/07学会発表反応晶析法によるZr-Te析出物組成に関す...下端 健吾平沢 泉