------------------- 学生学術活動報告
研究テーマ
電界効果トランジスタバイオセンサによるインフルエンザウイルス検出に向けたナノバイオ界面の構築
研究内容
近年、世界的流行を引き起こすと懸念される新型インフルエンザウイルス(IFV)は、鳥IFVがヒトへの感染能を獲得することで出現します。従って、新型IFVの出現を迅速に発見することは極めて重要となります。当研究室では、IFVへの特異性をもつ糖鎖を利用し、半導体バイオセンサによるIFV検出を試みてきました。私は、センサ性能の高感度化に向けて、IFVを効果的に補足するナノバイオ界面の構築を目指しています。
次へ
 
          学術活動報告の登録は、ありません。